IR情報

事業の概況

事業の内容

当社の主たる事業目的は、日本発のナノテクノロジーに基づくミセル化ナノ粒子をコア技術として、主にがん領域において新しい医薬品を生み出し、社会に提供することです。これまで期待する効果が得られていないがん領域で、多くの患者から必要とされる新しい医薬品の開発を目指し、その達成に向けて日々研究開発に従事しております。 従来の抗がん剤は、がん化した増殖細胞と正常細胞の殺細胞効果にあまり差がなく、全身に分布し正常細胞にも同様に作用するため、投与されると一般的には副作用が現れます。そのため、副作用抑制の目的で、他の薬物の事前投与等が行われておりますが、それでも副作用は回避できないことが多く、薬物療法が制限される場合も多々見受けられております。当社の開発しているミセル化ナノ粒子医薬品では、薬物が病変部へ集まる割合が高くなり、相対的に正常組織への分布が抑制されることにより、これら副作用が軽減されることが見込まれております。

このページのトップへ