IR情報

社長メッセージ

皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

当社は、「ナノテクノロジーを用いて新しい医薬品を創出し、人々の健康とQOLに貢献する」をモットーに、2000年に千葉県柏市に研究所を開設し始動いたしました。特にがん患者さまに対して薬物の治療効果の増大、副作用の軽減や利便性の向上によりQOLを高めることを目指して、コア技術であるミセル化ナノ粒子を用いて独自性の高いパイプラインの創出に力を注いでまいりました。

 

今日、お蔭様でグローバルに臨床試験を複数実施することができ、承認申請に向けた試験が進んでおります。また、新しいがん遺伝子治療薬の導入を決め、がん領域のスペシャリティを深め、さらなるファーマを目指した経営体制に積極的な投資を行っております。

 

 お陰様で、上場10年で臨床試験の本数は大幅に増加し、また、自社開発体制も着実に成長いたしました。次の10年は、創薬技術基盤ベンチャーからスペシャリティファーマへの成長を見据えた活動にシフトしてまいります。

 

 当社は、今後も世の中に必要とされる企業を目指し、社員一丸となり、邁進してまいりますので、引き続きご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


平成30 年3月5 日
代表取締役社長
中冨一郎

このページのトップへ