採用情報

ナノキャリアが求める人

患者さんのQOL(クオリティー・オブ・ライフ:生活の質)向上のためにナノテクノロジーを用いて新しい医薬品を創出し、人々の健康と医療の進歩に貢献し、がん領域のイノベーションファーマとして、世の中に必要とされる「オンリーワン」企業を目指します。staff_topimg_sp

私たちは、医工をベースに創薬を目指す世界でもユニークな企業です。私たちは、新しいことへのたゆまぬ好奇心、チャレンジ精神、新薬を待つ人々の期待に応えたいという強い志を持ち、一緒に挑戦してくれるあなたの力に期待しています。

1. 創造と挑戦の人

ナノキャリアは、新しいことにとことん興味を持ち、挑戦する人材を求めています。
医薬品の開発は、非常に長い年月を要します。それは創造と挑戦の繰り返しです。基礎研究から臨床試験へ、常に新しい発想とたゆまぬ挑戦を続け、ナノキャリアの開発する医薬品を、一日も早く患者さんに届けることを目指して日々活動しています。

2. 「日本のテクノロジーを全世界の患者に」を夢見る人

micelle_drugがん患者は世界中で増え続けています。ナノキャリアは、日本発オリジナルの技術をもって、課題解決に向けて世界に挑戦しています。これに強く賛同できる人を求めています。
現在のがん治療は、つらい副作用があったり、入院が続いたり、治療費がかさんだりと、患者さんの社会生活、家庭生活が犠牲になる場合も少なくありません。ナノキャリアのナノメディシンは、このような患者さんの苦しみを軽減できる可能性があります。
ニッポンの技術で世界中の患者さんの苦しみを癒やす――私たちは、それを夢見て日夜、努力しています。

3. 基礎から臨床、承認まで経験できることにやりがいを感じる人

研究、開発両分野では、製薬企業および大学研究機関での経験を積んだエキスパートを採用。各自が研究テーマを持ち、合成から分析、評価、製造まで自らの創造力を生かし、一貫した研究開発を行うスタイルを取っています。各テーマの成否の最終的な責任は各人にありますが、課題によっては組織横断的なプロジェクトチームを立ち上げ、チームワークを生かした研究開発推進体制をとっています。

「研究分野」のメンバーは、臨床開発と連携することで、分野を超えた業務の進捗も見えてきます。研究から出た成果やデータがどのように臨床開発に利用されてるのか。どのようなデータが医薬品開発で重要となるのか。こうした視点から研究を考えるきっかけにもなり、臨床開発の活動を大きく支えることになります。

「臨床開発分野」では、研究部から上がってくる基礎データを基に、臨床試験を実施し、開発品の有効性、安全性の検討・確認を行います。大手の製薬会社では、臨床試験の工程が細分化され、それぞれに高度な知識を持った人たちが業務を行うのが一般的ですが、ナノキャリアではPhaseⅠからPhaseⅢ、Ⅳまで、企画立案からプロトコール作成、臨床試験実施、まとめ、承認申請まで、すべての医薬品の開発過程に参加できます。

ナノキャリアには、多くの医薬品開発会社と同様に、研究、開発、管理など様々な業務がありますが、全社員が集まる会議を定期的に開催し、情報を共有しながら、皆で知恵を出し合っています。隣の部署が何をしているかわからない・・・そういう悩みはナノキャリアにはありません。社員のアイディアをすべての業務に取り入れながら、新薬開発のために日々、創造と挑戦を行っています。

このページのトップへ