事業内容

VB-111(非増殖型アデノウイルスベクター)

遺伝子治療製品の導入

2017年11月 VBL社より、VB-111の国内開発/販売の権利を取得しました。

  • VB-111 非増殖型アデノウイルスベクター
  • 全身投与型の注射剤
  • 腫瘍血管内皮細胞選択的にアポトーシスを誘導
  • 腫瘍免疫惹起作用
  • 他の固形がんでもPOC検証済み

2020年3月

プラチナ製剤抵抗性卵巣がんの国内開発を決定

国際共同第Ⅲ相試験への参画準備中

VB-111とは

VBL社により、米国中心に開発が進んでいます。

VB-111 開発状況

対象疾患 Pre-clinical phaseⅠ phaseⅡ phaseⅢ 備考
プラチナ製剤抵抗性
卵巣がん(prOC)
化学療法と併用
悪性神経 膠芽腫
(rGBM)
医師主導治験
大腸がん
NCI 共同治験
(ICI併用)