企業情報

トップメッセージ

ナノキャリアは、東京大学の片岡一則名誉教授、東京女子医科大学の岡野光夫名誉教授らが研究してきたナノテクノロジーによる医薬品の開発を目的に設立されました。日本で生み出された技術である高分子ミセル<ミセル化ナノ粒子技術>を薬物キャリアに応用し、医学/工学の連携によりがん治療に新しい価値を創造します。

現在は、疾患部に直接、安定に大量に運ぶ必要がある抗がん剤や核酸などの薬剤のDDS(Drug Delivery System)医薬品の開発に取り組んでいます。副作用を極力少なくしつつ、薬本来の持つ効果を最大限に引き出すためのプラットフォーム技術は、次世代治療への応用はもちろんのこと、様々に応用が可能です。患者さんが入院せずに社会生活を送りながら治療ができるなど、患者さんの治療中の負担を軽減することを目指しています。

既に複数のパイプラインが後期の臨床ステージにあり、国内のバイオベンチャーでここまで進んでいる企業は少ないと自負しています。ナノキャリアは、新たな価値を創造するとともに、人々の健康と幸福に貢献してまいります。

代表取締役社長
松山 哲人